メンタルトレーナー(サッカー)

スポーツにおいてメンタルの重要性は日々高まるばかりだと感じますが、当然のことながらサッカーも例外ではありません。

メンタルトレーニング、メンタルコントロールは常に注目されております。

今の時代は、トップアスリートには専属でトレーナーが付いていることが多いですし、チーム内に専門家がいてメンタル面のサポートしていることも多いので、スポーツ(ここではサッカー)に関わる一つの仕事としてメンタルトレーナーを挙げることが出来ます。

ここでは、スポーツ(主にサッカー)のメンタルトレーナー(コーチ)について簡単に解説します。

まず、メンタルトレーナーになるには?についてですが、いくつかの方法があります。

一般的に考えられるのは、大学、大学院で心理学を学び、臨床心理士や公認心理師になってから経験を積んでいくという道、または専門的な学校にてスポーツ心理学等を学び、現場にて実践的に経験を積んでいくという道がまずは考えられます。

もちろん、実践的な経験に加え、幅広い能力(カウンセリング含め)および実績もとても重要です。

また、中には主に独学で心理学を学び、かつ高い能力・スキルを発揮し、実績を積んでいくことで信頼され、プロアスリートの専属トレーナーになるというケースもあるようです。

ただ、一般的には国内や海外の大学や大学院、専門的な学校にて特にスポーツ心理学を勉強し、その後は現場にて実践的な経験を積んでいくことでその道を切り開くということが多いようです。

また、メンタルトレーナーになるためにこの資格を取る必要がある!という明確な資格はありませんが、心理学は確実に学ぶ必要はあると言えます。(特にスポーツ心理学)

あとは、精神科医が専属でアスリートのメンタル面のトレーナーを努めている場合もあり、そのケースでは医師免許が必要になると言えるでしょう。

このように、スポーツメンタルトレーナーになる方法は意外と幅広いとも言えるのではないでしょうか。

※「メンタル」トレーナーという名称とは言え、病気に関して(例えばうつ病など)は一般的なメンタルトレーナーの仕事ではありません。そのような場合は、上記の精神科医はもちろん、医師や、臨床心理士(療法の専門家)などの分野です。

なお、個人的にはですが、もし将来的にスポーツメンタルコーチとしてやっていく!とほぼ完全に腹を決めている場合(もちろん途中で変わる可能性もありますが)は、スポーツ心理学を学ぶことが可能な大学に進学するのが良いのではないかと思っています。

やはり、信頼できる環境で専門的な学問を基礎から学ぶことが出来るからです。

関連資格・認定について

上でも書きましたが、メンタルトレーナーになるにはこれを絶対取らなければ!という明確な資格はありませんが、いくつかの関連資格はあります。

まずは実践を積み上げるために現場で働くということであれば、資格を持っていることにとくに損はなく、また、資格を取得するためには一定の勉強が必要になるのでシンプルに知識を得ることが出来るというメリットもあります。

もちろん、大学や大学院に行かなければ取得できない資格※もあるので千差万別ではあります。

※臨床心理士、公認心理師、認定心理士

この他の資格(民間のもの含む)や検定は、メンタルトレーナーやコーチ関連、心理カウンセラー関連、心理学検定など数多くあります。

ただし、似たような名称の資格や検定も多く、また難易度も様々です。

その上、何かを取得しただけの状態だけでもメンタルトレーナーを名乗れてしまう場合も多いです。

そのため、何を勉強してどのような方向に進むのか、どうやって実績&経験を積んでいくのかという点の方が重要とも言えます。

また、上で書きましたように、将来は専門家(スポーツメンタルトレーナー)になりたい!という強い気持ちがある場合は、スポーツ心理学を学ぶことが可能な大学に進学するのが腰を据えて勉強するという意味では良いのかなと思います。

大学、大学院にて学ぶことで臨床心理士になることも可能ではあるので、より幅が広がるのは間違いありません。

はやく現場に出られないという短期的なデメリットはあるかもしれませんが、中長期的に見たら学校にて腰を据えて学ぶということは個人的には将来に繋がると思います。

※もちろん、専門的な学校もありますので、大学や大学院だけが全てではありませんが、一つの進路としてという意味です。

なお、精神科医として様々な角度(医学的な・医療)から幅広く活躍したいという方は、医師になる必要がありますのでまずは医学部に進む必要があると言えます。

サッカーのメンタルトレーナーとして働くには

サッカークラブ(Jクラブ含め)の求人にて探すという方法もあるかもしれませんが、基本的には求人が見つかるのは運次第になっているケースが現状では多く(当方が聞いた人的には)、やはり人脈に加え、経験や実績を積むことがまずは重要です。

サッカーとは違う競技や分野にて様々な角度から経験を積み、最終的にサッカーに関わるというケースもありえます。

また、独立して仕事を受けるという方法もメンタルトレーナー(コーチ)に関しては多いようです。