サッカーバー(スポーツバー)

サッカーバーのイメージ

サッカーバーの経営、またはスタッフ(アルバイトも含め)も、サッカー関連の仕事として挙げられます。

大きく見ると「スポーツバーやスポーツカフェ」になりますが、サッカー専門(サッカー観戦できるバー)にすることでより関連性が高まり、サッカーバーなどと呼ばれます。

※あくまでも家庭用受信装置(家庭用テレビ)が設置されている場所で、観戦しながら飲んだり食べたりするバー、放送業者の許可を得ているところの場合です。

ただ、専門にするデメリットとして、試合がない日は集客自体が厳しくなる可能性があります。サッカーは、試合のない日も多いからです。

そのため、何かしらのアイディアをプラスさせて運営していくことが重要だと個人的には思います。

※録画放送を流したりして営業するのは著作権的に問題だと思われるので注意が必要です。※この点は、弁護士に相談したり専門家のサイトにてご確認下さい。

また、パンデミック下では影響を受けやすい仕事でもある(コロナ禍・2020年、2021年~のような政府の対策であると)ので、その意味でも、上記を含めプラスアルファが非常に重要だと考えられます。

サッカーバーで働くには?

バーを経営するのであれば、自分で立ち上げることで始めることは出来ます。(開業資金や運転資金、届け出や許可は必要です。)

開業自体は比較的簡単です。しかし、当然のことではありますが、利益が出ないと続けることは困難です。

そのため、立地はもちろんのこと、経営能力がやはり重要になってきます。

次に、経営ではなくスポーツバーで働きたい(アルバイトや就職など)という場合であれば、求人などで根気強く探すと見つかる場合があります。

一般的なアルバイトや就職と同様に探す必要はありますが、髪型や服装が比較的自由な店舗も多いので、堅苦しい雰囲気があまりない場合も多く、若者含め幅広い層まで求人がある場合があります。

※ただ、都内や都市部では見つかることが多いのですが、地方の小さい街ではあまり見つからない場合もあるようです。

興味がある方、強いやる気がある方は、まず求人でしっかり調査し、根気強く探すと良いかと思います。

また、接客経験(視野の広い)を積むことも出来るので働くメリットは色々な面から考えて多くあると個人的には思います。

なお、英語が使えると意外と有利になる場合もあるようです。