ユーチューバー(サッカー関連)

サッカーに関わる仕事という意味で幅広く考えると、仕事の一つとしてユーチューバー(YouTuber)があります。

どういうことかと言いますと、シンプルにサッカー関係の動画を配信(ここではYouTube)し収益化している状態の人(または事業主や会社)のことです。

つまり、収入を得て納税していれば個人的には一つの仕事として考えられるのではないだろうかというわけです。

似たようなスタイルとして言えば、例えば、サッカーブロガーが挙げられます。

動画でもブログであっても、サッカーのコンテンツで収益化しているということなので、ある意味ではサッカーに関わる仕事と言えるかと思います。

「それだけで食べていくレベル」までいくことを考えると、その難易度はかなり高いとは言え、努力次第では一つの仕事として成り立つ可能性は十分にあると個人的には思います。

サッカーユーチューバーになるには?

基本的には撮影した動画(サッカー関連)をYouTubeにアップロードするだけですが、「仕事」という意味で考えると収益化させる必要があります。

※YouTubeで収益を得るためには要件を満たす必要があります。詳細はYouTubeのヘルプページにてご確認下さい。

主なスタイルとしましては、試合の感想を投稿していくスタイルや、試合を観ながら(映像の投稿はなし)音声のみで実況していくスタイル、戦術解説系、技術紹介系、サッカーゲーム実況などがありますが、アイディア次第でこの他にも様々な方法が考えられます。

※ただし、特にゲーム実況の場合は著作権などには十分注意して下さい。承諾や許可されていなければ勝手にやっていることになりかねません。※詳細や具体的な情報につきましては法律家などに相談して下さい。

小まとめ

今の時代は一昔前では考えられなったようなスタイルの仕事が可能になりました。

ユーチューバーもその一つだと考えられます。(動画配信)

当サイトはサッカーに関わる仕事を研究するサイトですが、スポーツコンテンツはやり方次第では動画配信との相性は比較的良いとも言える部分は多いかと思います。

現在でも各クラブや大会の公式サイト、選手、元選手の動画は多くありますが、個人レベルのコンテンツはアイディア次第でまだまだ参入可能だと個人的には思います。

ブログがそうだったように、動画配信も個人が大手より人気が出たりすることは十分可能だと思われます。

もちろん、上で書きましたように、「それだけで食べていくレベル」までいくことを考えると難易度は高いのですが、好きなこと(ここではサッカー)で食べていくことを可能にしてくれる可能性はあると言えるでしょう。

関連ページ:eスポーツ・プロゲーマー(サッカー)