サッカー専用スタジアムで仕事をする

参照:スタジアムのテレワーク環境「パナスタワーク」の利用開始について ガンバ大阪オフィシャルサイト

ガンバ大阪のオフィシャルサイトのニュース(インフォメーション)でパナソニックスタジアム吹田にて市民にテレワークなどを行う環境を提供するという記事を見ました。

パナスタワークという名前のようです。

「パナスタワーク」は、Jリーグなどイベント利用のない日にスタジアムを個人で気軽にご利用いただけるサービスです。場所は、スタジアムバックスタンド4階の室内VIPラウンジやルーム(個室)で、スタジアムのピッチを一望できる開放的な環境でテレワークが出来ます。

ガンバ大阪オフィシャルサイト

とあります。

パナスタはサッカー専用スタジアムですし、間接的かもしれませんが、ある意味サッカーに関わる仕事と言えるかもしれないと個人的には思いました。

利用価格も1日1,000円(消費税込)ということで比較的手軽です。

1日につき20名ということで、どういったモデルなのかはまだはっきりとわからないのですが、このようなアイディアで収益化が可能なのであれば、パナスタ以外でも考えられるかと思います。

そのことは、サッカー専用スタジアムにおけるまた違う角度からの収益化という意味においても面白そうです。

例えば、フットサル場や街の小さいクラブの専用スタジアムなどを個人的に運営・経営するという形においても収益化の幅が広がる可能性もあるのではないかとも少し思いました。