通訳について

サッカーに関わる専門的な仕事として通訳があります。

特にスペイン語、ポルトガル語、英語、ドイツ語、フランス語を完璧にマスターしている場合は強いです。

パターンとしましては、日本に移籍してきた外国人選手や監督の通訳、または海外へ移籍する日本人選手の通訳などがあります。

国内ではブラジル人が多いこともあり、ポルトガル語の通訳の方はテレビでもよく見ます。

また、日本代表監督の通訳も知名度が高いです。スタッフとして一緒に戦っているという意味でもとてもやりがいがある仕事だと言えるでしょう。

プレーヤー側からの話し

私はプロ選手ではありませんが、海外留学した際に練習や大会などで通訳の方にお世話になったことがあります。

また、専門通訳とは別で現地の日本語が話せる方に通訳をして貰ったこともあります。

そんな中で感じたのはやはりサッカーに詳しい方が通訳になっている方がわかりやすかったです。表現方法なども現地のサッカー用語を理解していますし、サッカー知識があるので指導者の言っていることが比較的スムーズに伝わりました。

また、現地の文化と日本の違いなども理解した上で話してくれる場合はより助かると思います。

まとめ

サッカー通訳の仕事は、選手・監督にかなり近い場所にいる仕事です。通訳以外の仕事や手伝い、サポートも重要です。

また、言語を完璧に習得しているのはもちろんのこと、上記のようなことからも、サッカーへの深い知識は確実に求められるかと思います。

通訳は一緒に戦うスタッフです。語学だけでない部分も重要だと個人的には思います。

日本代表の歴代の通訳の方を見ても皆熱い方が多い印象ですね。

転職やアルバイトを探す!

サッカー部出身者は注目!転職エージェントサービス

【スポナビキャリア】

フリーワードで探す(サッカーで検索!)

1日から働ける激短バイト!ショットワークス

このページのトップへ