指導者・コーチ、スタッフ

サッカーの指導者は幅広いです。クラブの監督、コーチ、高校の監督、中学校の先生(サッカー部顧問・教員)少年サッカーの監督コーチ、スクールコーチ、女子サッカー監督コーチなどがあげられます。

当サイトとしましては、国内であればJリーグクラブ~スクールコーチ、もちろん小学校、中学から高校、大学サッカーなどまで、どのカテゴリにおいてでも、真剣かつ覚悟を持ってサッカーに取り組んでいるのであれば「サッカー指導者」であると考えております。

※もちろん、「サッカーに関わる仕事」というのがテーマですので収入を得ているという点も重要です。また、先生(教員)は直接サッカーだけで収入を得ているわけではないかもしれませんが、サッカー部の顧問になり、社会体育を含めて指導(サッカー指導者資格保有者も多い)していますし、「サッカーに関わる仕事に就く」という意味でも当てはまります。

このページでは、指導者について下記に様々なタイプとその職業への就き方などを簡単に解説します。

※あくまでも簡単な解説程度です。(当サイト的なものです)具体的な詳細は専門書籍や求人誌等の内容などでもご確認下さい。

高校サッカー部の監督

高校のサッカー部の監督・コーチになるためには、いくつかの方法があります。まずは、教員になることが挙げられます。(教員採用試験)経歴や情熱をアピールし赴任高校でサッカー部の顧問になるというものです。

次に、私立高校などでは専門に監督と契約するケースもあります。当サイト管理人(このページの執筆者)の高校でも有名な監督を雇っていました。

ですので、実績や能力次第ではそういった就き方もありえます。最近ではよくはわかりませんしあくまでも個人的な考え方ですが、「現在は弱いがサッカーに力を入れたい高校などに売り込む」という方法も情熱と能力次第ではありえるかもしれません。そのくらいの情熱とやる気があっても良いと思います。

中学サッカーの監督

中学校のサッカー部監督であれば、やはり教員になり顧問になるという方法です。

※追記:部活・顧問についての問題点含め様々な意見が出ていて議論されており、今後学校の部活(ここではサッカー部)が従来(昔)と比較して大なり小なり変化する可能性はあります。ただ、教員の方で、かつスポーツ(ここではサッカー)が非常に好き、情熱的な方は多くおります。何かしらの方法でサッカーに関わるのは十分可能だと個人的には考えております。※今後追記の可能性あり

また、最近はジュニアユースのクラブチームが増えておりますが、そのようなクラブで監督をするのであれば自分でチームを立ち上げる、スタッフに採用され任せられるようになるなど様々な就き方が考えられます。

少年サッカースクール監督・コーチ

上記同様で自分でチームを立ち上げる、求人で入って実績を積んで任せられるようになるなどの方法があります。

コーチであれば、より求人に応募して採用や紹介で入る方法が一般的のようです。プロ選手でなくてもサッカー経験があったり、サッカーに対する情熱があれば就くことは可能です。ただ、下部組織などになると競争率がやや高いです。

そのため、どうしてもスクール監督、コーチになりたい場合は自分でチームを立ち上げるのも一つの方法です。参考ページ:クラブ経営・運営ページ(下部分)

大学のサッカー部監督

強豪は外部から雇っていることが多いです。つまり、指導者としての実績や知名度も重要です。有名な指導者が監督になっているケースが多いと思います。

弱小チーム(サークルなど含め)であれば学生が監督を兼任したりすることも可能かもしれません。チームをまとめたり監督の基礎を現場で学ぶことにより、将来に繋がる可能性もありえます。

クラブの監督コーチ

Jリーグクラブの監督であればS級ライセンスを取得しておく必要があります。

コーチに関しては元サッカー選手が引退後就くことが多いようですが個性と情熱があれば元プロ選手でなくてもチャンスはあると個人的には思います。

その他(コーチ、トレーナーなど)

フィジカルコーチやゴールキーパーコーチ、メンタルトレーナーなどが挙げられます。(別ページ準備中)

関連ページ:体験談01(元サッカー選手の引退後の話し・選手から指導者へ)

転職やアルバイトを探す!

サッカー部出身者は注目!転職エージェントサービス

【スポナビキャリア】

フリーワードで探す(サッカーで検索!)

1日から働ける激短バイト!ショットワークス

このページのトップへ