サッカークラブ経営

ここで言う「サッカークラブ経営」とは、トップクラブ経営(例えばJクラブ社長や買収してオーナーになるもの)~小さな少年サッカークラブ運営などまで幅広く考えています。

例えば、具体的に言いますと、

本田圭佑選手のように、欧州クラブを買収し事実上のオーナーになるというものや、現役選手らが新チーム(例えば10部など)を立ち上げ代表に就任し経営をしていくという比較的目立つものや、一般人が小さな少年サッカースクール、クラブを立ち上げ育成を主眼に運営していくというものまで、幅広くあるという意味です。

有名選手や経営者でない方が0から目指すとなると、やはり自らサッカークラブを立ち上げて経営していくというものが現実的です。

情熱のあるコーチ、指導者が実績を積み、最終的には独立して自分のチームを作り、こだわった育成をしているクラブは日本にも多くあります。

もちろん、選手を集めなければならないので簡単なことではありませんが、サッカーに対する熱い気持ちと、営業・運営能力に長けていれば、そういった道も自ら切り拓くことも可能です。

上記のような育成年代のクラブであれば、自分のクラブから将来日本代表に選出される選手を!という夢や希望、やりがいもあるでしょう。

転職やアルバイトを探す!

サッカー部出身者は注目!転職エージェントサービス

【スポナビキャリア】

フリーワードで探す(サッカーで検索!)

1日から働ける激短バイト!ショットワークス

このページのトップへ