カメラマン

カメラマンのイメージ

サッカー関連の仕事の一つにカメラマンがあります。

スタジアムに行けばカメラマンが数多くおり、試合中様々なシーンを撮っています。

カメラが好き、写真を撮るのが好き、基礎的技術がある、ということは重要ですが、やはりセンスも大事になってくる職業です。

出版社に所属して活躍している方もいれば、フリーのカメラマンもいます。

サッカーは世界で大変人気のあるスポーツですので世界中に活躍の場があります。

サッカーカメラマンになるには?

専門学校で写真を学ぶ、カメラマン科の講義を受けて写真撮影の基本的な技術を身に付けた上で出版社など会社に所属して実績を積むのが一般的です。

もちろん、センスが重要な職業ですので才能があれば上のようなスタイルでなくても良いと思いますが、基礎的な技術や社会人としてのマナーは必要です。

実績経験を積んでからフリーカメラマンとして独立する方が多いようです。

専門学校を探す場合は、まずは「カメラマン 専門学校」や「サッカーカメラマン 講座」などで検索してみて下さい。

知人の話し

昔ブラジルで出会った日本人のサッカーカメラマンがいるのですが、ブラジルに長期滞在し毎週スタジアムに行っていました。普通に話していてもサッカー自体に非常に詳しかったという印象があります。

また、語学も堪能でした。(ブラジルなのでポルトガル語でした)

日本では、海外サッカーと言えばヨーロッパが中心になっているのですが、やはり南米サッカーも大変熱く、そこを選択して活動している点にも注目しました。

また、上で書きましたように、世界中に活躍の場がある職業だなと思いました。そして海外を中心に活躍すれば語学も上達し、さらに幅が広がるのではないかと感じました。

転職やアルバイトを探す!

サッカー部出身者は注目!転職エージェントサービス

【スポナビキャリア】

フリーワードで探す(サッカーで検索!)

1日から働ける激短バイト!ショットワークス

このページのトップへ