サッカーアナリストについて

現在の様々な競技において、「アナリスト」は重要な役割を担っています。

それはサッカーにも言えることで、「サッカーアナリスト」は現時点でも重要な仕事ですが、今後はより一層その重要度は増すと個人的には感じています。※下部にて簡単解説

スポーツアナリスト

サッカーアナリストは大きな枠組みで言えばスポーツアナリストです。

定義は色々と言われておりますし、様々な考え方があるかと思います。そのため、正確には定まってはいないかもしれませんが、一つ言えることは データ分析をする仕事です。

つまり、簡単に言えば「勝利のために、情報を収集し、対戦相手やマッチアップする相手、自チーム選手のデータ分析をする」ということです。

チームスタッフとして役に立つことが出来る

より情報戦という側面が加速している現代サッカーにおいて、優秀なアナリストをチームに入れたいです。

そのため、サッカーアナリストまたはデータ会社はそのチームにとって必要な人材・技術・能力であるとともに、チームの一員としてクラブの強化の役に立つことが出来るというとても魅力的な仕事でもあるのです。

今後はさらに需要が高まる・求められるスキルも上がる

今後、科学技術がどんどん進歩し、AIも活用・駆使していくことになるかと思います。

現時点でもテクノロジーの発達は指数関数的であり、ある意味様々な角度から大量のデータを取得可能です。

つまり、「情報収集→分析」の精度が高まっているということを意味しています。

今後、さらに驚きべき発展をする可能性もある分野だと言えるかと思います。

そういうことからみても、IT技術やその理解度も必要だと個人的には思います。「サッカーを知っている」というのは当然として、データ分析能力、情報収集能力、または語学力、IT、人工知能などそれらに付随した専門知識・スキルなどが求められるでしょう。

逆に言えば、求められるスキルが上がればそれだけ希少価値も高まるので、サッカーに詳しい上に上記に該当(他にも色々ある)する能力がある人にとっては、大変魅力的なジャンルです。

チームのために働くことが出来るということはもちろん、自分のスキルをフル回転させて一緒に闘うことが出来る非常に魅力的かつやりがいのある仕事です。

上記小まとめ

上で触れたように、今後アナリストが活躍する状況というのは加速すると思われます。

極めて優秀なアナリスト、データ分析会社、戦術分析官らが存在すれば引っ張りだこになる可能性もあります。なぜなら、アナリストのデータ分析によりチームが勝つ可能性や選手のパフォーマンスが高まる可能性が十分ありえるからです。

そのため、サッカーアナリストを目指す方は、求められるスキルを徹底的に習得することがまずは大事です。

当然のことながら、サッカーというスポーツ自体を理解していないとどうしようもないのでその点は前提条件として最も重要です。

サッカーアナリストになるには?

まずは上記で挙げたスキルを学ぶことが重要です。(サッカーという競技に対する総合的な深い理解度は前提条件)

学校、独学、留学、個人的には結果に繋がる能力を習得出来るのであればどれでも良いと思いますが、まずは情報収集をすることから始めると良いでしょう。情報収集が仕事の一つになりますので、そういう意味でもどんどん正確な情報を取得していくと良いです。

その上で、参考情報としましては、学校(例えば大学)スポーツを学び、データ会社に就職するというのは一つの手です。

また、極めて優秀で実績があれば独立してチームと契約というのも夢ではないと個人的には思います。

留学して本場で現場にて学ぶのも良いでしょう。

なお、普通にコーチや指導者として活動しながらその活躍を活かしデータ分析家(ここではあえてこう呼びました)になるという方法もありえます。

もちろん両方やるのも関連性が強いので可能かと思います。(サッカーコーチ&分析家)

要は、いくらでも道がある職業です。現時点ではやや特殊かもしれませんが、将来的な可能性はとてもある分野だと思います。

ちなみに、サッカー大好き人間で幼いときから年間凄い数の試合を見続けているという方も素養はあると個人的には思います。

そのような人はどのような分野にも稀におりまして、私の周囲にもサッカー関連においているのですが、サッカー経験はそこまでなくても非常に優秀です。(分析能力)

小さいときからサッカー観戦をしており、学生時代は試合を録画して何度も見たりし、ノートにまとめていたりしました。実際に細かく分析をして、強みや弱点をマニアックな精度で把握していたりします。

お金を稼ぐためではなく趣味(サッカーが超好き)ではあるのですが、正直言って趣味のレベルを超えている人は結構おります。

簡単に言えば、このような方は個人的にはサッカーアナリストに向いていると思っていて、一つのことに極点に熱中し徹底的に分析しまくるのが得意という方はさらに専門的に学ぶと優秀なアナリストになれるのではないだろうかと私は思います。(※あくまでも一例です)

私がチームの経営者や指導者、はたまたプロサッカー選手であれば、そのようなある意味野良サッカーオタク的な人で極めて分析能力が高い人材も欲しいと思います。(これは個人的な意見ですが)

つまり、やり方次第で趣味を仕事にする(サッカーに関わる仕事)ことが可能だと思うわけです。

あくまでも一例として書きましたが、サッカーアナリストになるためには意外にも裾野が広い(学歴やサッカー経験はあまり関係ない)のではないかと個人的には思っております。優秀で結果を出せるという人材が求められるからです。※もちろん個人的(当サイトの見解)な考え方ですが。

転職やアルバイトを探す!

サッカー部出身者は注目!転職エージェントサービス

【スポナビキャリア】

フリーワードで探す(サッカーで検索!)

1日から働ける激短バイト!ショットワークス

このページのトップへ